パパ活を斡旋して稼ぐ自称カリスマTwitter女子のやっている事は確実に売春斡旋であり犯罪行為!

パパ活を斡旋して稼ぐTwitter女の正体とは!?

何となく、パパ活ブームが崩壊へのカウントダウンを刻み始めている気がする。

 

パパ活は間違いなく爆発的なブームメントとなった。

 

最近の女子大生達の間ではパパ活をしていないJDの方がむしろ少数派だとも聞くし、学費の為にアルバイトするならパパ活が圧倒的に稼げるというのは女子大生であれば誰でも知っている常識だ。

 

ミーハー層の女達にまで売春が流行れば、その後に残された結末は崩壊である事はいつの時代でも同じである。

 

テレクラでの売春が流行れば、大規模な規制条例の施行によりテレクラの経営が事実上不可能となる。

 

バブル崩壊と共に流行った女子高生達による援助交際が流行れば、警察のローラー作戦が始まり片っ端に逮捕される男女が激増する。

 

そしてパパ活という新たな売春ブームの到来。

 

カウントダウン後の結末を予測してみる。

 

現状のTwitter界隈では、まるでパパ活をステータスとして様々なパパ活に関する情報を呟くカリスマ的な女達が存在している。

 

彼女達の真の目的はパパ活をしたい若い女達を集め、知り合いの経営者や小金を持った男達に斡旋し、その成功報酬を貰うことなのだ。

 

これは、間違いなく管理売春に該当するのではないだろうか?

 

ここでTwitter上でパパ活を斡旋している自称カリスマ女子のアカウントを晒すことは流石にしないが、Twitterの検索窓で「パパ活」とサーチすれば、そのようなアカウント女性はゴロゴロヒットする。

 

ハッキリ言って、最近のパパ活斡旋女性は明らかに度が過ぎている。

 

まだパパ活という行為がそこまで一般的ではなかった頃は、あからさまにTwitterで若い女性を斡旋しているような行為をする者は皆無だった。

 

しかし、今ではそれが平然と行われている。

 

パパ活を斡旋する女性はプロフィールに、

 

パパ活したい女の子は私に連絡下さい!

 

LINEでまずは友達になりましょう。

 

社長や起業家が集まるパーティーに参加しませんか?

 

このような書込みが踊っている。

 

中には、パパ活が決まったら成功報酬を頂くと、完全な売春斡旋を公言しているアカウントも・・・

 

恐らく、彼女達の末路はかなり厳しい結末になるのでは?と私は予想しています。

 

かなり厳しい結末とは、

逮捕

です。

 

彼女達は自分のしている犯罪行為に気付いていません。

 

だからこそ、徐々に暴走し立派な買春組織を作り上げてしまっている・・・

 

私の意見を偶然にも観ているパパ活斡旋女性がいたら、直ぐにでも自分のしている行為を見つめなおして欲しいと私は願っています。