援助交際や割り切りでの出会いは常にリスクとの隣り合わせである

割り切りやサポートの出会いは最大のリスク

割り切りでの出会いはリスク

最近になって、割り切りやサポートと呼ばれる援助交際が余りに手軽になってきている気がする。これは全て出会い系サイトが起こした一種のブームによる副作用みたいなものだと私は思う。

 

余りにも出会い系サイトの利用が一般化し、秩序が乱れに乱れた結果なのである。

 

それに、最近はヤクザがかなり弱体化しているので、出会い系で個人的に売春するセミプロ女達を自衛的に取り締まれないのも原因だと思う。やはり世の中には必要悪と言うものが必要なのかもしれない。どんな歓楽街も風俗街もヤクザが裏に居た方が実は平和なのだ。素人であればある程、何をするか分からない怖さと言うものがあるからだ。

 

さて、そんな割り切りやサポートなどの関係だが、何も出会い系アプリだけで行われている訳ではない。それこそFacebookやTwitterなどて売春している素人女もゴロゴロとしている。もはや今の若い女の子達の多くがコンビニでアルバイトするなんて雀の涙ほどの給料しか貰えない割りに、時間を拘束され非効率的な事を知っている。

 

親父とセックスして数万円貰った方がどんなに時間を有効利用できるか熟知している。この流れは止める事が基本的には出来ない。止めるとすれば援助交際をする親父達を全て拘束するしかないからだ。

 

これらの行為は基本的には犯罪行為だと思っておいた方が良い。正確には成人の男女が個人的に売春した場合、違法ではあるのだが、罰則が無いらしいので事実上の無罪になる。

 

完全に逮捕されるケースとしては相手の女の子が未成年だった場合だ。このケースは非常に厳しい罪になるので絶対に手を出してはいけない。

 

まあ、こんな感じで割り切りやサポなどの売春行為はリスクの塊だ。癖になって繰り返す程に逮捕される確率は高いと認識するべきである。

 

そして、どんなネットコミュニティーサイトでも基本的にはタダマン狙いのナンパで攻めるべきだ。その方がゲーム性もあり楽しいからな。

 

確かにタダマンのナンパは断られる可能性もあるし、一人の女の子を口説くのに時間も掛かる。しかし、そこを効率化すればチンポが乾く暇が無い程の入れ食い状態も可能である。

 

だから、社会的地位を脅かすリスクは犯さずに綺麗にナンパを実践して欲しいのだ。